私たちの家造り

いつまでも美しい木の家

無垢の木は、自然な質感と温かみがあります。
年数を経つと味わいのある色に変化し、落ち着きのある空間になります。

木の良さを生かしたデザイン

増子建築工業は、
「新築の時が最も格好良くて、年月が過ぎると古くなってしまうデザイン」ではなく
「年月が経つごとに深みと味わいを増していく本物のデザイン」を目指しています

在来工法について

森林資源が豊富な日本では、昔から神社仏閣をはじめ、多くの農家や町屋などの民家が木を利用した木造建築物として造り続けられてきました。
現在でも、多くの住まいが在来工法で建てられています。

古くからの神社仏閣が何世紀もの年月を経て現在でもその建築美を残しているように、木の建物は、1000年モツといわれています。
阪神淡路大震災でも、筋交いなどで耐震性を高める措置がシッカリしていた木造住宅は、被害を免れました。
また、木材は、呼吸する素材といわれ、湿度を調整する機能を持ち、通気性が高いのが特徴です。

木材を使った在来工法は、春夏秋冬という四季があり、湿度が高くなる梅雨や秋の長雨の時季もある日本の気候風土に合った工法なのです。

在来工法では、建ての柱と横の梁で骨組みを作り、筋交いや通し貫を入れることで強度を確保した壁を作ります。
伝統的な木造建築として伝えられているため、現在でも、地域の工務店や大工の技術で作ることが出来るのです。

また、柱の建て方や組み合わせ方により、間取りを自由に構成することが出来、設計の自由度が高く、変形した土地や狭くて小さな土地にも対応しやすいのが特徴。
増改築などのリフォームも比較的簡単にできるのも長所です。