ふくしま産業省 受賞

安心・快適の住まいづくり


見学・無料相談申込
ご来店お客様には人気の
ミニボトルプレゼント中!

分割できない資産・不動産を どう分けるかが相続の最重要課題

「親も年だし、相続のことも考えないとな。」と、ぼんやり意識し始めた方に、相続は何から始めるべきなのか質問してみると、多くの方が節税と答えます。また、どこに相談に行くのがよいと思うかという問いでは、弁護士や税理士をあげる方が多いようです。しかし、節税などは相続も終盤に差し掛かった際に必要になるのが実際ですし、弁護士に至っては、相続で揉めてからが出番です。

では、何から始めるのがよいか。相続対策の入り口で重要なのは分割対策です。さらに、多くの方が現金以上に不動産を所有しているケースが多く、この分割できない資産をどう分けるかが最重要課題となるのです。

仮に不動産を売却してお金で分けると決まったとします。この際、分割の基準となる価格は「時価」であり路線価や固定資産税評価額ではありません。すなわち、税理士さんや司法書士さんに相談してもラチがあかないのです。

では、だれに相談するのが正解でしょうか?当たり前の話ですが、不動産の時価を知っているのは不動産屋です。とは言え、不動産屋ならどこでもいいのかというとそれも違います。相続に関する資格や、それを支援するネットワークを持っているかがポイントです。相談に行かれる際は、その点を事前にホームページなどで調べることをお勧めします。

トップ