ふくしま産業省 受賞

土地の購入・選び方のポイント5選+α

土地の購入・選び方のポイント5選+α

こんにちは。

昨日の雨が通りすぎ、今日はひんやりした1日になりそうですね。

 

みなさま、NISHIDAのパン祭り第二弾のお申し込みはお済みでしょうか?

4/24(土)はまだ少しあきがございますので、是非ご参加くださいね^^

 

さて、今回は土地の購入・選び方についてのポイントをご紹介します。

理想の暮らしを手に入れるためには、土地選びも重要です。

どんな土地を選ぶと快適に暮らせるのでしょうか?

その土地に住む自分や家族の姿を想像しながら選んでみましょう。

 

 

▼目次

・土地の選び方の基準

・土地の選び方のポイント5選+α

・まとめ

 

 

 

土地の選び方の基準

 

まず選ぶ前に、どのような点をチェックすれば良いのか、その基準についてお話します。

重視するポイント

土地を選ぶとき、様々なチェックポイントがあります。

でもどれを重視するかというのは実は自分次第です。家族構成や必要なニーズによって大きく変わることもあります。

また、家族構成の変化や車を持っているかなどでも大きく基準は変わってきますので、それを踏まえておきましょう。

 

 

100点満点の土地はほぼないと考える

欲しいポイントが全てそろう100点満点の土地はほぼない、ということを頭に入れておきましょう。

特に予算が限られている場合には取捨選択をしなければなりません。

何を重視し、生活がより良くなる土地の選択肢を複数もっておくとよいでしょう。

 

 

土地は住んでみて変わることもある

例えば今はなにもない土地でも、数年後近くに駅ができ電車が通る可能性も考えられます。

その土地の10年20年先を見据えて考えることも大事です。

 

 

 

土地の選び方のポイント5選+α

 

どこにある土地を選ぶかは、これから暮らす街やエリアを選ぶということ。

できればどこへ行くにも便利で、暮らしやすい安全な場所がいいですよね。

そのためには、候補となる土地の周辺を調べることがまず重要になってきます。

 

交通の便

交通の便は非常に重視すべきポイントです。

特に車を持っていない場合や通勤・通学に車を使わない場合には、家からの最寄りの交通機関への距離が大切になります。

後々車が使えなくなるかもしれないことも視野に入れて、なるべく交通の便の良い土地を選ぶようにしましょう。

 

しかし駅チカなどの交通の便が良いところは、土地が割高になる傾向があります。

車を持っている場合には、近辺の交通量などまた違った見方をする必要が出てきます。

自分だけではなく家族の通勤や通学にも配慮して、なるべくお金のかからない立地を選ぶと良いでしょう。

交通の便が良い土地は長く住むことができ、いろいろと得になることも。

 

商業施設への距離

交通の便と同じくらい大切なのは、スーパーやコンビニなど周辺の商業施設への距離です。

これは近いに越したことはありませんが、あまりにも近すぎると騒音などの要因にもなりえますので、適度な距離が理想でしょう。

商業施設に関しては、通勤の途中に商店街があれば買い物をするのに便利です。

近くにある商業施設はチェックし、そこへのアクセスは徒歩圏内にあるのが理想的です。

 

 

公共施設の充実

公共施設の充実もチェックしたいポイントの1つです。

郵便局や役場、病院なども、頻繁には利用しないけれど近くにあれば便利です。

商業施設や公共施設は今は無くても今後出来るかも知れません。

周辺の情報は集めるだけ集めて、しっかりとアンテナを張っておきましょう。

 

また、子育て世代には幼稚園や学校へのアクセスも重要です。

子どもが安全に歩いて通える位置に学校などがあるのが理想です。

 

 

日当たり

誰だって日差しの差し込む明るい家にしたいはず。日当たりも見逃してはいけない必須ポイントです。

日当たりを調べるポイントは2つ。

1つ目は方角。住宅を建てることをイメージした時に、どの方角に玄関や窓があればよいかをチェックします。

太陽が動き、窓から入る光がどれくらいなのかを確認しましょう。

2つ目は隣接する建物の影にならないかどうか。

隣の住宅との間が狭すぎるとどうしても影になってしまい、住宅に光が入ってきません。

また、3階建て以上の背の高い建物があると、時間によっては影になってしまう場合もあります。

 

 

 

土地の形

土地の形はできればきれいな正方形か長方形が最も建築がしやすく、無駄なく土地を活用できます。

車を持っている場合には、駐車場のスペースも含めて土地を選ぶ事を考えないといけません。

三角形や多角形の土地の場合には、特別な建築家に依頼しなければならない場合もあります。したがって建築費が割高になる傾向があります。

 

 

+α 災害対策もチェック!

近頃各地で地震が多発していますよね。

自然災害だけは完全に予知することができないため、対策は難しいポイントと言えます。

住みたいと思っているエリアでどのような災害対策をしているか、過去に被災しているかどうかもできれば調査しておくといいでしょう。

川が近い場合、土地が川よりも低いと浸水の恐れがあります。

過去の浸水歴や氾濫防止対策が施されているかは、各市町村役場などで確認することも出来ますので、チェックしましょう。

土地の地盤についても、事前に調べておくと安心です。(調べられるサイトなどがあります!)

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

土地選びのポイントについてご紹介しました。

事前に調べておいた方がいい情報は意外と多いんです。

すべてを調べるのは大変ですが、その後の理想の暮らしのためにも、わからないことや不安なことは解消しておきたいところです。

 

この中でもどれを一番重要視するかは自分と家族次第です。

優先順位が決まらないときや、調べすぎてわからなくなってしまった…そんな場合は増子建築にご相談ください。

プロの目線からお答えします。

トップ